事業内容

協同組合山九ハイウェイセンターは、業種の異なる様々な中小企業を組合員として組織された「事業融合化」です。個々の企業が有する異質の経営資源を交流することにより、互いの経営知識や経営領域を高め、人的情報ネットワークを形成しながら組合員の経済的、社会的地位の向上を目的として設立された事業団体です。

共同購入・共同利用事業

組合員としての総合的なメリットを生かし、組合員企業にとって必要な商品を安価で提供していきます。また、商品の取扱いを行っている組合員企業の販売促進を目的として組合内外に広く告知していきます。

  1. 業務用機器
  2. 業務用消耗品
  3. 自動車用品
  4. 通信機器
  5. 通話料の団体割引

高速道路通行料金後納事業

当組合員が各道路会社より貸与された後納カードを組合員に貸与し、その後納カードを利用するこにより通行料金をその都度支払うことなく、1ヶ月単位でまとめて組合に支払う効率的なシステムです。利用金額に応じ当組合規定の割引が受けられますし、1ヶ月単位の明細一覧のついた合計請求書を発行致しますので、組合員企業は経費削減と経理事務の合理化が進められます。

金融事業

  1. 組合員の事業に係る車輌リース料金の債務の保証事業
    オートリース事業 (但し理事会の承認が必要になります。)
  2. 組合員に対するいろいろな融資制度の斡旋事業

教育・情報に関する事業

企業経営のための経済、技術に関する情報の提供。さらには各方面における専門家による講習会の開催、社員研修会の開催等、企業経営にあたっての手助けになる事業を積極的に行っています。

福祉厚生に関する事業

組合員に対する共済保険、自動車保険の取扱いを行っています。